太陽光パネル・太陽電池コーティング
太陽電池用コーティング剤 M-50シリーズ

さらに強く、美しく、コーティングの最高峰 プレミアムコート誕生

【動画】太陽電池汚れ防止「M-50」施工

向かって左側にM-50を施工中。
M-50を専用パットに付けモジュール表面を満遍なく磨きながらコーティングを行います。表面が親水状態になれば水洗いで完了です。乾燥は不要です。
詳しくはお問い合わせ下さい。

【動画】太陽電池汚れ防止セルフクリーニング

向かって左側がコーティング施工。
コーティング後のモジュールは超親水化(左側)となり汚れが付着しても雨によってセルフクリーニング効果を発揮します。また、散水システムとの組合せでモジュール冷却効果も得られます。

現状

太陽光モジュールは、汚れなどの経年劣化により発電能力が徐々に低下します。
メーカーではモジュールの対汚染性を高めるコーティング剤を開発中ですが、有機材料が主成分となり(撥水又は耐候性、透過率)、モジュールでは使用できないのが現状です。

M-50シリーズとは

完全無機材料を使用した『M−50シリーズ』は、モジュールの表面に塗布することで、モジュールの対汚染性を高めるPV用コーティング剤です。

機能1

完全無機材料を使用した『M−50シリーズ』は、太陽光モジュール専用に開発された超親水剤で、セルフクリーニングにより防汚性能が向上し、発電効率が安定します。

機能2

被膜表面は微細な凹凸を形成するため、今まで発電量が少なかった朝夕の時間帯での散乱光(近赤外)をキャッチし、一日のトータル発電量を向上させることが出来ます。

機能3 (施工)

既設・新設を問わず乾燥工程が必要なく施工が可能です。設置前、設置後のモジュールにはM-50CPをお勧めします。

物性試験

国内外モジュールメーカーや大学でのテスト(シュミレーター、耐候性、塩水、屋外暴露、透過率等)で異常なしを確認済みです。

試験項目 規格及び装置 結 果
耐候性 SUV1000h 20年以上異常なし
高温高湿試験 85℃~85%  -40℃ 200サイクル異常なし
塩水噴霧試験 5% 変化なし
耐薬品試験(塩酸PH4) 25℃-24h 変化なし
磨耗試験 テーパー磨耗器 劣化なし
耐水性 50℃×72h 浸水 変化なし
シュミレーター試験
(JIS C 8192)
IEC 60904-1
700~1100W/㎡ 30分以内
効率低下なし(*向上)
屋外暴露試験 210日/京都市 効率低下なし(*向上)
透過率 HITACHI U-4100
300~2000nm
低下なし(*向上)
AR層密着性 ゾルゲル
エッチング
異常なし
カタログ資料(PDF)一覧
日本語 English
カタログ Catalogue
表面解析・特徴 Texture
透過・反射率 Anti-reflection・Transmittance measuring
超親水セルフクリーニング Self-cleaning effect by super hydrophilic function
技術資料 Technical data
物性試験 Physical-properties examination
適用基材・施工方法

ソーラーパネルカバーガラス専用です。

※布・パフ掛け塗布
※既存パネル用にコンパウンド配合品もご用意しています。

商品性質
組成 二酸化珪素化合物
塗布方法 布、バフ等
外観 やや乳白色
乾燥方法 常温
pH 7.0~8.0
皮膜性状 ゆるやかに硬化
標準使用量 約10~15g/㎡
硬化膜厚 約50nm

太陽電池用コーティング剤M-50シリーズメーカー:株式会社宮崎科学ウェブサイト>> 


コーティング作業の流れ